サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2012.07.30.更新

バルセロナでシーフード!

スペインで魚介を楽しむ

安くておいしいムール貝!
安くておいしいムール貝!
スペインは半島なので大部分が海に面しているわけですが、地中海側、大西洋側、北のカンタブリア海側があり、それぞれ特徴が異なります。もちろん採れる魚介も異なります。北部大西洋側のガリシア地方では、牡蠣や蛸、マテ貝や亀の手など珍しい貝類も採れますが、私が住むバルセロナでは一番有名なのは海老です。でも、流通が発達しているので、どこの街でも市場を覗けば大体同じようなものが見られます。今回はスペインのシーフードについて述べたいと思います。

魚介=高級?

どこでも人気の小魚と小イカのフライ
どこでも人気の小魚と小イカのフライ
島国日本も素晴らしい様々な魚介類で溢れているので、正直に言うとスペインのシーフードの良さを声高に叫べないのですが、私なりにこちらのものを楽しんでいるので、その部分をお伝えできればと思います。

スペインの魚介料理で有名なのは、シーフードのパエリャ!レストランでは1人15ユーロ~25ユーロする結構な高級料理なのです。それ以外ではサルスエラと言うスペイン版ブイヤベース、大きな海老をさっと焼いたもの、生牡蠣などは魚介専門専門レストランで食べられるのですが、いわゆる高級レストランの部類に入ります。

もっと庶民的な魚介料理はタパスバルなどにあります。イカリング、蛸のガリシア風、シーフードサラダ、小魚のフライなどなど。ナイフとフォークで食べるのではなく、一皿を皆でつつきあうようなカジュアルなスタイルです。

見つけた!庶民派シーフードレストラン

子供たちは料理を取りに行くのが楽しいみたい
子供たちは料理を取りに行くのが楽しいみたい
私がよく行くのは、高級レストランでもバルでもない、庶民的なシーフードレストラン。実はこういうレストランはバルセロナでは稀です。著書「旅するバルセロナ」でも紹介している「パラデタ」と言うお店。魚屋さんのように氷の上に並ぶ魚介を指して、それを焼いたり、揚げたり料理してもらい、番号を呼ばれたら取りに行くセルフサービスのお店です。これが安くておいしい!子供連れも多いので、ガヤガヤしていますが、魚屋さん併設のレストランで食べているような楽しい雰囲気です。

ここには、バルで見られる庶民的なものから、蟹など高級シーフードまでいろいろあるので、各自懐具合によって無理なく注文できるのも魅力。ずーっと時々通うお店になりそうです。
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

意外な穴場。陶器博物館へ! 08.30.
スペインにも様々な陶器があります。今回はそんな陶器の歴史が分かる博物館を訪れました
感動をありがとう、ロンドンオリンピック 08.16.
日本では寝不足の人続出だったロンドンオリンピック。さてスペインでの盛り上りは?
フルーツが真っ盛り!夏のバルセロナ 07.11.
夏のバルセロナのお愉しみはビーチだけではありません。他のシーズンに比べるとフルーツの種類がとっても豊富!
バルセロナ、徒歩以外で観光するなら! 06.28.
バス、地下鉄にタクシー定番の乗り物以外の今よく見かける乗り物?をご紹介!
スペインのスナック事情 06.14.
柚子、海苔、蟹にイカ、ピザ風味最先端をゆく日本のスナックに比べてスペインは?